理想の働き場所を見つけるために!転職・就職お助け情報サイト!

転職・就職活動はとにかくパワーが必要です。 自分の理想の職場を見つけ、そこに入れるように自分をどう売り込むか考え、活動する必要があります。 大変な時間を過ごすあなたへ、少しでもお役に立てるよう求職者のみなさんにお役に立てそうな情報を掲載していきたいと思います。

エコ(eco)検定と就職

年々増えるエコ関連の仕事

環境問題の話題が多い昨今、エコ関連の仕事は年々増えており、新卒者からも新しい就職先として注目されています。
例えば環境コンサルタントや環境保全エンジニアなど、エコ関連で活躍できる仕事は多岐にわたって様々です。
エコという分野は、環境問題が深刻になるにつれて将来的な展望が大きいために、モチベーションが高い新卒者にとっては魅力的な仕事に見えるでしょう。
しかし関心が高まるということは、それだけ競争相手が増えることになります。
エコ関連の就職活動を成功させるためには、エコロジーに関する知識や資格を取って他の人との差別化を図るのも1つの手です。

エコ(eco)検定

エコ(eco)検定は、近年では多くの人が取得している注目の資格です。
環境社会検定試験とも呼ばれている試験で取得することができます。
※以下参照
www.kentei.org

内容としては主にエコロジーに関する知識についての試験で、合格した人には他の資格同様に認定資格を渡されます。
エコ検定は国家資格ではない、いわば教養検定のため、エコ検定を取得することで就職活動でライバルに差がつくのかといえば、それほど効力はないのが実態のようです。
合格率が70%以上であることも要因でしょう。(勉強さえすれば誰でも取れる印象がある)
ただ、履歴書などに資格を保持していることを記入することで、自分がエコに興味があることをアピールすることにつながり、印象の面においては少なくとも効果はありそうです。

エコ検定のメリットはエコの知識を得て興味を持つこと

エコ検定を受験する際は資格の取得をすることを目的とせず、検定を受けることを通してエコに関する知識を深めることを目的にする方が良いでしょう。
エコに取り組む企業に入ろうとしているのにエコに関する知識が何もなければ話になりません。
知識があるかどうかで、エントリーシートや履歴書の記入、そして面接時の受け答えも全然違ってくるものになります。
極論を言えば資格を取得できなくても、知識さえ豊富になれば他の求職者と差をつけることができます。
そしてエコに関する活動やボランティアをする前に、身近なエコロジーへの努力について興味を持っていくことも大事です。
勉強期間もそれほど長い時間が必要になるわけではありません。
合格者の7割が試験の2ヵ月前から勉強を開始しているようなので、負担も大きいわけではないです。
就職活動をスムーズに進めるためにも、日本の今後と切っても切れない関係にあるエコロジーを知っておいて何も損はないでしょう。

eco検定では以下のように公式テキストや過去問付きの公式問題集があるため、しっかり対策を試験に望みましょう。

転職活動では超重要!自己PRの整理!

転職活動では、まずは自分についてまとめることから始まる

自己PRを要領よく行うために、転職前にはこれからの自分自身の展望や現在どんな知識や経験を持っているか、どのような会社にいたかをまとめて整理してみましょう。
職務経歴書のフォーマットに合わせて書くとよいです。
こういった自己分析や過去の実績をまとめることは多少手間がかかります。
しかし事前にしっかり準備をしておけば、いざ自己PRをしたい時にスムーズにできます。
準備をせずに面接などに臨むと、言いたいことが全然浮かばずに薄っぺらい人間に思われてしまいます。
自分のことを知ってもらうためにも、ここは手を抜かずにしっかりまとめましょう。

自己PRは具体的な言葉にする

自己PRでは、学んできた経験や技術など、具体的に言葉に置き換えることから始めましょう。
過去の集大成を形にするわけですから、着手してみると予想外に大変なことに気づくのではないでしょうか。
言葉に置き換える時、わからないことは曖昧なままにしてはいけません。
あなたが曖昧な言葉にしかできないようでは、自己PRをする相手には全く伝わらないでしょう。つまりアピールにならないのです。
曖昧だった物事を文字化していく作業は、自分の中に新たな発見があったり、思いがけない自己PRポイントを見つけ出せるということもあります。
とりとめのない作業に感じるかもしれませんが、言語化していくうちに自然と自己PRに使えそうなネタが浮かび上がってくるものです。
多少の手間はかかっても自己分析を済ませておくことで、転職活動での自己PRが容易になり、内定率の向上にも繋がるでしょう。

だらだらと長い自己PRは逆にマイナス

自己PRを書き続けていくと、つい筆が乗って書きすぎてしまうということもあります。
これまでの自分の経験をすべて自己PRとして伝えたい気持ちは良く分かります。
しかし、転職活動に自己PRは大事ですが、延々とこれまでの功績を語るだけのアピールでは、聞いている側が辛くなってしまいます。
面接官は結局あなたがどんなことをしてきてどんなことができる人間なのかをシンプルに知りたいのです。
面接官が求めてもいない細かいあらすじまでたらたらとアピールしても何の意味もないのです。
繰り返しますが、自己PRはあなたがどんな人間なのかをシンプルに理解してもらう行為であり、長いストーリーを伝える行為ではありません。

自己PRを成功させ、自分を売り込め!

自己PRは、希望通りの転職活動を達成させるために自分を売り込める大チャンスです。
あなたのことを一番知っているのは他の誰でもない、あなた自身です。
選考はあなた自身を売り込む営業の場と思い、しっかりアピールしましょう。

最後にまとめますが、自分は何をPRしたいのか、自分は何をこの会社でやりたいのかをじっくり考え、言葉に置き換える事が転職を成功させる第一歩です。